コメント、相互リンク大歓迎です。お気軽にご連絡ください!!!
株をはじめるならイー・トレード証券で。手数料が安くてバリュー投資にお薦め

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


↓内容が面白ければクリックお願いします
株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:- | | - | -
    逆魔の30分?
     2月19日の日記で私が予言(そんな大げさなものじゃないってば)した通り(^^; 今日は魔の30分が上がるほうに働きました。素人にしてはいい読みだったと思いませんか?(←自画自賛)

     それにしても相場が荒れる原因になっていることは間違いないですよね。本当に東証はどう考えているのでしょうか。これだけ投資家たちが迷惑しているというのに自分には関係ないと知らん顔で、客商売とは思えないですね。5月といわずに早いところできる打ち手を売って欲しいものです。

     ところで現状ではキャッシュポジションが0に等しいので、早いとこ暴落前に戻ってもらって高値で買ってしまった株を処分したいのですけど、なかなか思うようには戻りませんねぇ。ここ数日どこを見ても強気の発言が多いのですが、ライブドアショック後の下落の後遺症かなかなか25日線を思い切って抜けませんね。何れは抜けてくると思うのですがもしかすると15500円と16500円の間ぐらいでしばらく行ったり来たりがあるのかもしれません。BOX相場となればその中で売り買いを繰り返して儲けることができそうですが、バリュー投資家を目指す私としてはプライドが・・・ってそんなこといってる場合じゃないですよねぇ。

     凧をうまく揚げるには、凧糸を張り詰めた状態にするのではなく遊びが重要ですよね。投資もそれと同じで、キャッシュポジションというのは凧糸の遊びなんだと思います。(と誰かがどこかで書いているのを読んだきがします^^;)

     凧糸は風邪が弱くなれば強く張って、風が強くなれば緩めて伸ばしていきますよね。それと同じように、風が強く吹いて株価が上がっていくときは凧糸を出す、つまりキャッシュポジションを少なくして株式に変える。そして風邪が弱まってきたら大急ぎで凧糸を巻き取る、つまりキャッシュポジションを大きくして株式を現金にかえる、ということですね。

     しかし、それも風が吹いたりやんだりが激しすぎるとなかなか凧の操作も難しいので、早いところ安定した風の吹く相場に戻して欲しいものです。

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 01:23 | comments(1) | trackbacks(1)
    今後の日経平均の方向性
     いよいよ戻りが本格的になってきましたね。ただ、チャートを見ると現在のチャートが03年の10月頃のチャートに酷似しています。このときは日経が7600円の大底をたたいた後6ヶ月間上昇している時でした。今回は8ヶ月間と03年よりはやや長い上昇相場ですが、天井を2回たたいて3回目の上昇中というのが非常に似通っています。03年の場合は3回目に少し低めの天井にぶち当たり、そこから2ヶ月超の調整相場に入っています。今回は25日線を越えたところで、ここから一気に高値更新すれば素直に上昇相場入りでしょうし、25日線付近で伸び悩むようであればやや長い下落相場に入るかもしれません。いずれにしても今の景気を考えると半年後には今より高い値段をつけているのではと思います。
     さて、今現在のDowとNasdaq指数は+0.53%と+1.0%。シカゴ日経は+35円のやや上げです。明日はまた上がりそうな気がします。
     本来ポートフォリオを安易にいじってはいけないですが、高値で買ってしまった株を戻ってきたところで処分して、万が一の下落に備えたいと思います。

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0)
    魔の30分 〜◎日経平均と日経先物とオプションの関係
    Yahooの掲示板を見ていたらこんな投稿を見つけました。
    魔の30分をうまく説明されてますので紹介します。

    ---------------------------------------------------------
    ◎日経平均と日経先物とオプションの関係
    個別株も日経平均の動きに影響されます。
    日経平均は何に影響されるかというとズバリ、先物です。そして先物を上下させてなにが儲かるかというとオプションです。これらの相関関係がわからないと個別株の動きも理解できません。
     そして特に日経平均採用銘柄を購入する場合先物の動きを予測する必要があります。
     まず、日経平均と先物がなぜ連動するかについて説明します。先物裁定取引と呼ばれる取引があり、先物>日経225平均のとき先物を売って225の現物を買い、先物<日経225平均のとき先物を買って225の現物を売りSQ(期日)までの相互の差額が益となる取引があるのでぴったり追従します。これはプログラム取引であり上昇中は先物の上値板が厚く、売れると現物を買います。そこで先物を買い上げれば日経平均があがり、しいては相場全体を上げられるというわけです。オプション取引は、15000、15500、16000、16500円など500円毎に区切りがあり、現在15660円ですが、16000円コールは期日(毎月第2金の日経平均の寄り付きの値段、この日をSQという)日経平均が16500円になると500円、16000円以下は0円というものです。プットは逆に15000円プットが日経平均が14500円で500円、15000円以上は0円というものです。これらオプションは売り出した人がいて16000コールを売った人は16000円以上にするとお金を払う必要があるので16000円以上にさせないため16000 従って、急激に上げたあと買うとたいていは下がり、急激に下げたあと買うとたいていあがるので、あげたあと売り、下げたあと先物の板をみて買い、500円毎の節目で売り買いすることで儲けられます。


    ---------------------------------------------------------

    ほんと、素人には複雑ですよね。

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)
    今回の暴落相場の下落率
     21日から反転して短期的な上昇相場になっています。このまま元に戻るのかそれともBOX相場に入るのか、下降相場に入るのか・・・この上昇で前回の最高値を更新できるかどうかで上昇かBOXまたは下降かが決まりそうですね。下降に入る前にとりあえず高値で買ってしまった銘柄を処分したいと考えています。

    鳥羽洋行 2840円 2750円
    日神不動産 1790円 1629円
    中部鋼鈑 2100円 1875円
    ビケンテクノ 1250円 1250円
    川崎近海 550円 550円

    左側が最高値で買った株の値段、右側が最低目標ラインです。しばらくは動きの激しい相場になる可能性があるので、左側の値まで戻せば無条件に売ってキャッシュポジションにしておきたいと思います。

     
     さて、本題です。今回の相場で最高値からの下落率が15%程度となりましたが日経平均は10%弱です。割安株は暴落相場に強いといわれますが日経平均に負けてるじゃない・・・と思ったのですが、よく考えると新興相場は大きく下げてますよね。ということで、持ち株と相場の下落率を市場ごとに分けてみることにしました。

    TOPIX -8.8%
    東証1部 日神不動産、明光ネット、はるやまの合計 -14.4%

    東証2部平均 -15.6%
    東証2部 星光PMC 川崎近海 ビケンテクノの合計 -14.6%

    Jasdaq平均 -16.6%
    Jasdaq  プロトコーポ 鳥羽洋行の合計 -11.2%

    ということで新興市場ではすべて下落率は少なく収まっていますがTOPIXだけが大きく負けています。今回はたまたま日経が大きく下げていないので負けているのかもしれません。基本的に割安株投資は下落相場に強そうです。





    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 01:18 | comments(2) | trackbacks(0)
    チャート見てちゃだめだめ
     今日は日経はかなり上がりましたね。後場開始後少し下がり始めたので怖くてその後は見てなかったのですが、大引け後に恐る恐る携帯でチェックすると、びっくりするぐらい上がってるではないですか・・・私のポートフォリオは2%程度とあまり大きくは上がりませんでした。まだ下がっている株がいくつかあるのです。今日強かった鉄鋼株も、私の中部鋼鈑はチョビット上がっただけですし、8%平均で上がったという不動産株も逆にマイナス・・・(@@)不人気株だからでしょうかねぇ。下げる時きつくて上がる時に出遅れるようではだめですよねぇ。
     昨年の上昇相場で40%以上日経平均が上がったときに、32%とやや上昇率で負けており、誰も気が付いていない不人気株だからしかたない、その代わり下げ相場では強いはずと思ってましたが、これでは持っている意味が有るのか無いのか。本当に割安株でいいのでしょうか?少し銘柄選択を考え直した方がいいのかなぁ。確かにバフェットの選択基準とは若干違う感じもしますが・・・
     
     問題は明日からですね。チャート的には日経の日足は75日線で反発し、しかも昨日の高値を大きく抜けたので反転した可能性はありますがまだまだ予断は許しません。

     あー、こんなこと言ってること自体がバリュー投資家じゃないんですよねぇ。だめだだめだぁ。会社の価値を見なくちゃと思うのですが、毎日の値動きが気になるのが人間の性。まだまだバリュー投資家見習の卵ぐらいです。

     チャートを見るぐらいなら会社の分析をしなくちゃ。ですね。明日からがんばろう。

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0)
    日経暴落?〜必殺塩漬け!!
     うーん。今日もポートフォリオは暴落です。金曜と月曜で10%も下げました。これで2月7日の最高値から17%の下落です。日経はこの間10%程度しか下げていないのでパフォーマンスは日経平均から大幅に劣ってますねぇ。今日もJASDAQ銘柄の鳥羽洋行が-8.3%。ポートフォリオ比率の高い中部鋼鈑が-6.42%、日神不動産が-8.2%と主力株が大幅安。もうどうにでもなれって感じです。(++)

     どこまで下げるのか底が見えませんねぇ。ほんとに悔やまれるのは資金追加を2ヶ月遅らせてればということですかねぇ。この暴落でひとつ勉強したのは、買った株を売るまでは気長に値上がりするまで待つのですが、買う時も気長に待たなければならないということでしょうか。特に上昇相場では過熱感が高まっている時は必ずこういった調整が入る事を想定して待つことも重要なんですね。バフェットもバットを振るのは絶好球をじっくり待ってから。見逃し三振を恐れるな。と言っていますよね。このことだったんだなーと今更ながらに反省してます。特に年明けに買った株はファンダメンタルでは割安ですがチャートで見ると明らかに割高な水準に来ていました。ピックアップした株に思いっきりバットを振れるタイミングになるまでじっくり待つべきだったんですよねー。

     まぁ、いずれにしても損切りという言葉は私の投資手法には有りませんのでこのまま株価が上がって割安度がなくなるまで気長に持つつもりです。きっとバリュー投資を自分の物にできるかどうかを問われているんですよね。少なくともここで損義理をしたり乗り換えたりするようではバリュー投資道は歩いていけない。そんな気がします。

     とはいえやはり株価が下がるのは気分も良くないので、そういうときの心理的対処方法を考えてみました。。

    1.理論株価で考える。
     ちなみに今もっている銘柄の理論株価の私算?は約710万円。ZAI理論株価で私試算すると777万円です。

    2.今はバーゲンセール期間と考える。割安なので売るはずが無い。現金があれば買い場なのだから売れるはすが無い。バーゲンセール期間が終われば理論株価を目指して収斂していくはず。


     というわけで、片手にバフェットの教えを片手に「必殺塩漬け!」を敢行します。(^^; これができるのも現物のみだからですよね〜。

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(1)
    魔の30分 その2
     昨日魔の30分についてその仕組みを私のわかる範囲で考察してみました。もちろん本当にそういったメカニズムが働いているのか、またそれを利用している投機筋がいるのかどうかは分かりません。

     で、よーくメカニズムを考えてみると、日経先物を下げて日経を下げることができるのならその逆も可能ですよね。ということは、前場で日経を買っておき、昼休みの間に日経先物を大きく買い、日経が連動してあがったところを売るという手法もありですね。

     ってなわけでここ何日かの日経平均の日中足を見てみましょう。
    8日
                2月8日
    9日
                2月9日
    10日
                2月10日
    13日
                2月13日
    14日
                2月14日
    15日         
                2月15日
    16日
                2月16日
    17日
                2月17日

    9日、14日、16日は昼休み明けに上げてますね。日経平均が高値更新して買いを入れにくくなっている地合いなので全体的に下げてきていますが、一旦調整終了で上げ始めると、今度は上げる方に魔の30分を使ってくる事になりそうですね。そうなると今度は急騰ですね。チャートを見ても15600円あたりで反転しそうな雰囲気なので、もしかすると来週の早いうちから反騰が始まるかもしれません。

    どちらにしても、私は売り買いせずにじっとキープなんですが。(笑)

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0)
    魔の30分
     下げますねぇ。いやー、現金のポジションがあったら、こんなチャンスは無いのにというぐらい下げますね。半年近くあがりつづけてきて、いつ下げるか下げるかと待ち構えてたところに格好の材料ができたって感じでしょうね。でもおそらくしばらくして過熱感が十分に冷え切ったところで上げに転じるのは間違いないでしょう。下降トレンド入りか?という記事も多いですが、経済状況を考えるとそう簡単に下降トレンドには入らないと思います。何せ資金がだぶついてますからね。

     さて、ここ1,2週間魔の30分という言葉があちこちで見られるようになってきました。東証が昼休みを30分延長していることをさしているのですが、なぜ魔の30分かというのがやっと最近分かりました。ポイントは3点

     30分後場の取引開始時間が伸びたことで、日経平均先物の12時半からの動きを見てから後場が始まるようになった。
    ◆‘経平均先物は、日経平均に連動するので日経平均とのサヤ取りの対象になっている。
     先物を後場で売りしかけすれば、サヤ取りの影響で日経平均も連動して下がる可能性が高い。(サヤ取りとは連動する2つの投資対象の差が広がれば高い方を売って、安い方を買い、差が縮まれば安い方を売って高い方を買う手法なので。)

    機関投資家か何かわかりませんが、おそらく前場で空売りを仕掛けて、魔の30分で日経先物を売り込んでサヤを広げて、後場に日経が下がってきたところで買い戻すというやつらがいるということらしいですね。確かにここ10日ほど、後場は前場の終値から見ると確実に大きく下げて始まっているケースが多いです。

    いやー、勉強になります。こうやって相場を作ろうとしているんですね。
    ただ、多くの資金をもってパワーを発揮しているやつらも、長期的に見た企業価値に連動する相場の動きには影響を及ぼせないんですよね。極端に言うと、この数10年、日経平均は確実に上昇しています。もちろん貨幣価値の上昇もあるのですがそれも含めて経済が拡大している情況では、長期的視点で見た株価の上昇は避けることができない。

     この数日の騒ぎで、yahooの掲示板なんかを見ていると東京タワーの上からあくせくと道を歩いている蟻のような人たちを見るような錯覚にとらわれます。対極にたって大きな視点で見れば、この10日ぐらいの下落なんて有ってないに等しい株価変動。変動とすらいえないかもしれない。だけど、多くの人々がそれによって一喜一憂し、仕事が手につかなかったり、場合によっては命を絶つケースもある。
     本当にばかげた事です。儲けることにばかりに夢中になっている証券取引所や証券会社、その他株式市場にまとわりつく魑魅魍魎。あまりにも倫理観が無さ過ぎる。自分達だけがよければそれでいいというのが見え見えですね。個人投資家が市場から離れたらやっていけなくなるということをやつらは分かっていない。アメリカのせいで勝ち組みと負け組を明確にすることが正義かのような風潮になっていますが、自分達だけが勝ち残ろうとすると最後には自分達も生きていけなくなることが分かっていないのです。自然界でも、捕食されるものがいなくなれば捕食する側もいずれ滅亡する。神が与えたもうた自然の摂理というのは共存共栄なのです。自分だけがよければと思っているといずれ自分達も滅びるのです。

     ちょっと熱くなりすぎましたね。(笑)

    しかしこういった相場の変動に個人投資家が対抗するにはやはりバリュー投資しかないのでしょうね。<結局これが言いたかっただけかい!

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0)
    バリュー投資家への道険し
     今日で日経平均5日連続の下げですね。それに連動して私のポートフォリオも続落です。この5日で約6%程度下げています。その間日経平均も同程度下げているので連動下げですね。
     下げの原因はなんでしょうねぇ。ライブドア(マネックス)ショックはクリアしたはずなので、やはり過熱感のある日経平均の調整なんでしょうか。やはり年末までちょっと熱くなりすぎてたのでしょうね。上昇はゆっくりに限ります。企業業績は好調だし、来年の見通しもまだまだ明るいので、決算に向けてまたちょっとずつ戻していくことでしょう。
     この下げが最初のバリュー投資道の試練なんだろうなと漠然と感じています。下げに嫌気が差して売った瞬間に元に戻っていく。そんなことになったらバリュー投資道のみならず、投資家として致命傷になりかねない。まぁ、自分が買った会社の将来と現在の割安度を信じてホールドし続けるんだろうな。
     バリュー投資家になるには日々の値動きに踊らされてはいけないといいますが本当に難しいですね。日々どころか分単位の値動きが気になっちゃうんですもんね。そんなときにはバフェットの名言

     「株式市場は短気な人から気長な人に金が動くところ」

    という言葉を何度もつぶやいてこの間に世の中の投資家がどう動くのかをじっくり観察させてもらうことにします。

     それにしても資金が潤沢にあれば、買い場ですよねぇ。やっぱり。


    バリュー投資には手数料の安いイー・トレードで★申込はネクシィーズ・トレードから!

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0)
    絶好の買い場って?
     いやぁ、昨日今日と下がりますねぇ。含み益が15万円ぐらい減りました・・・(笑)日々の値動きに一喜一憂してはいけないと頭ではわかっていますが気持ちがついていきません。

     下がるのがわかっていればいったん利益確定してたんですが、タイミングが難しいしリスクもありますしねぇ。やはり持ったまま動かないというのがいいのでしょうか?

     自分が持っているバリュー銘柄を信じて5年ぐらいは持ってるつもりで行くんでしょうね。まぁ各社業績は悪く無いし、まだまだ割安なのでいずれは上がっていくんでしょうが。

     余剰資金がたくさんあれば、本当に絶好の買い場だと思うのですが、長期スパンで見るとこれぐらいは買い場でも何でも無いのかも知れませんねぇ。日経平均が8000円ぐらいのときが買い場だったのでしょうね。

     ということでバリュー投資家見習いとしてはアホールドと言われようが、動かないということに決めました。(あーでもいったん利確しておけば10万円浮いたなぁ。)

     ちなみに昨年の7月にバリュー銘柄を買い始めてからまだ一度も売っていません。<バリュー投資家見習いの意地です(;_;)

    バリュー投資には手数料の安いイー・トレードで★申込はネクシィーズ・トレードから!

    ↓内容が面白ければクリックお願いします
    株・投資 ランキング
  • 人気blogランキングへ

  • ブログランキングくつろぐ

  • ブログランキング ドット ネットへ

  • にほんブログ村へ

  • ブログ王ランキングへ


  • よろしければコメントもおねがいします。
    カテゴリ:コラム&日記 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0)
    【外貨投資でリスク分散してみませんか】
    外貨投資やるならねっと外為くん!
     外国為替・日経225取引をお考えの方に!!
     ■□■  トレイダーズ証券 ■□■

    今人気の24時間オンライン外国為替取引
    創業45年以上の歴史もあります

    世界の通貨で資産運用−三井物産フューチャーズの為替取引
    外為会社46社を比較、一括請求可
    << | 2/3PAGES | >>